汚フランス語

スラングをコミュニケーション向上に活かすことを目的としています

古風なものから最新の言い方まで「男」の言い方8種

f:id:Bogoss:20191110005746j:plain

フランス語は発音がキレイで、上品なイメージがありますが、実際はたくさんのスラングが溢れています。

そんなイメージを勝手にぶっ壊すべく、スラングで「男」の言い方をご紹介します。

男を表すフランス語(mec)

mec(メック)

son mec(彼女の彼氏):所有名詞をつけると、恋人、彼氏という意味になります。

男を表すフランス語(type)

type(ティップ)

あの男、やつ

タイプ、種類がもともとの意味で、ネガティブなニュアンスがあります。 

男を表すフランス語(gonze)

gonze(ゴンズ)

男、野郎

イタリア語のgonzo(間抜けな男)からきています。

男を表すフランス語(lascar)

lascar(ラスカー)

やつ、男

■例文

Bonjour lascar.(男性に向かって)こんにちは!

男を表すフランス語(minet)

minet(ミネ)

細身の男

もともとは子猫の意味という意味になります。

男を表すフランス語(bogoss)

bogoss(ボゴス)

イケメン

僕が目指しているものでもあり、1番好きなフランス語スラングであります。

男を表すフランス語(canon)

canon(カノン)

イケメン

女性が使うイケメンの言い方です。一度は言われてみたいですね!笑

男を表すフランス語(jules)

jules(ジュール)

恋人、彼氏、夫

古風な言い方になりますが、フランス全土にある若者向けの服屋さんの名前でもあります。

https://www.jules.com/fr-fr/index/

 

こちらの本を参考にしました。 

 ★もしよければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

このブログでは、学校の先生からは学べない生の汚(お)フランス語を紹介しています。

ぜひ読者登録も、よろしくお願いします。

【汚フランス語】できれば使いたくない「あっちへ行け」の言い方

f:id:Bogoss:20191024001908j:plain

この記事では、「あっちへ行け」のフランス語を紹介します。

グランメゾン東京のドラマ内で、キムタクが使っていましたし、その後他の役者の方もキムタクに対して使っていましたね。

英語でも習うかもしれない文章ですが、実際は使う場面は無いですし、できれば使いたくないですよね!

どちらもスラングではありませんが、強めのあっちへ行けになり上品な言葉では、ありません。

あっちへ行けの言い方1

Dégage(デガージュ)

あっち行け!どけ!

■例文

そのまま使う

 

同僚とは冗談では使いますが、日常生活では使ったことはありません。

1度だけパリのメトロで聞いたことはあります。(聞き間違いであって欲しいですが笑)

あっちへ行けの言い方2

Casse toi.(カッセ トワ)

行け!

■例文

そのまま使う

 

toiはあなたになります。

Casseは下でも紹介している、とんずらするとか、去るという意味もあります。

こちらが命令形になり、あっちへ行けとなります。

まとめ

日常生活では、メトロなど治安があまり良くない場所で聞くことができるワードかもしれません。日本語でも「どけ」とか「あっち行け」なんて子供の時にしか使ったことないですしね。

フランス人はこういう下ネタやスラングには寛容な印象がありますので、試してもみても良いかもです。

 

 ★もしよければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

このブログでは、学校の先生からは学べない生の汚(お)フランス語を紹介しています。

ぜひ読者登録も、よろしくお願いします。

【汚フランス語】スラングで汚いの言い方

f:id:Bogoss:20191020012005j:plain

タイトルを「Bogossのブログ」から「汚フランス語」へ変更しました。

そこでこの記事では、「汚い」のフランス語のスラングを紹介します。

汚いの言い方:スラング

Déguelasse(デキュラス)

我慢ができないくらい汚い

■例文

C'est dégueulasse.(セ デギュラス)

これはめっちゃ汚い

 

顔がぶさいくから、汚すぎるシチュエーションなど度を超えている場面で使えます。

汚いの言い方:ノーマル

Très sale.(トへ サル)

とっても汚い

■例文

C'est très sale.(セ トへ サル)

これはとても汚いです

まとめ

フランス語は発音がキレイで、おフランス語と言っても過言ではありませんが、その常識をぶっ壊すべく(NHKをぶっ壊すみたい笑)タイトルを恐れながら、変更してみました。

実際紹介しているフランス語も、キレイな文章はあまりないですし、タイトル負けしない記事を今後も書きたいと思います。

 

今日の参照はこちらの本からです。

 ★もしよければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

このブログでは、学校の先生からは学べない生の汚(お)フランス語を紹介しています。

ぜひ読者登録をお願いします。

【女性必見!】フランス語でイケメンの言い方Part2

f:id:Bogoss:20191006021035j:plain

イケメンの言い方は、下の記事のボゴスだけだと思っていましたが、フランス語のスラングの本から他の言い方があることがわかりました。

 この記事では、「イケメン」のボゴス以外の言い方を紹介します。

ちなみにフランス人の友達に確認したところ、女性がよく使うそうです。

イケメンの言い方Part2

canon(カノン)

イケメン

■例文

Tu est canon.(チュ エ カノン)

あなたはイケメンです

丁寧な表現でイケメンと言いたい場合

カノンもボゴスと同じでアルゴ(フランス語のスラング)になります。

丁寧な言い方は、bel homme(ベル オム)です。

■例文

友達に言う場合→Tu est bel homme.(チュ エ ベル オム)

初対面の人に言う場合Vous être bel homme.(ブゼット ベル オム)

スラングでもある、ボゴスを初対面の方に使っても良いのか?

ちなみに僕は、フランスで2つ星のレストランのシェフ(フランス人)がたまたま席を回って挨拶をしてきたことがあり、すごくカッコよかったので「Vous être bogoss.(ブ ゼット ボゴス)」と言いました。(2つ星のレストランが経営している、星がついていないけどお値打ちに食べれるレストランで食事をしていたときです)

シェフは喜んでおり「美容院に行って髪形を整えてもらわなきゃ」みたいなことを言っていました。

アルゴではありますが、相手を気持ち良くさせる言葉ですので、こんな感じに使っても問題ありません。

フランス人の同僚にも聞きましたが、この使い方は特に問題はないと言っていました。

 

ボゴス以外のイケメンの言い方も分かりましたので、来年には改名して「カノンのブログ」になっているかもしれません。

 

今日の参照はこちらの本からです。

 ★もしよければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ